« 哀愁の公園にも霧は降る | トップページ | カテリーナがいて、ティンクェッティがいて・・・。 »

2012年4月29日 (日)

穴が怖い!

芦花公園のマンションに居る時、例によって食後に一本吸いながら寝入ってしまったことがある。白状すると、寝入ってしまうことは連日のことで、眠り込まない日が例外だといっていい。そういう習慣が身についてしまったある夜、ハッと気づくと・・・(「ハッと」という表現は正確ではなく、おっと、また寝たな、という感覚なのだが)、ソファーにくっきりと直径2センチほどの穴が開き、吸殻はその先端を穴の上に置き、無事に鎮火していた。あ~あ、やってしまった・・・しかし、まぁ、この程度の穴ならと、左程気にも留めなかったのである。

ところが、事は意外な方向へ展開した。娘には二人の男児が居る。兄が10歳、弟はまだ3歳になったばかり。兄はことのほか優しい性分で、歳の少し離れた弟が可愛くて仕方がない。まだ人類の仲間入りして日も浅い弟は、それでも早くも“次男坊鴉”の特性を垣間見せ、己の気分に任せて好き放題といった趣きである。同じ“次男坊鴉”の私同様、コヤツもそのうちに“風の向くまま”気ままに生きていくに違いない。

この次男のやんちゃ坊主には、奇妙な弱点があった。場所を問わず、大小を問わず、穴が嫌いなのだ。そう、単なる「穴」である。嫌いというのは正確ではない。穴が怖いのだ。それが正しくは穴でなくても、円状の穴的なるものは何であれ怖くて仕方がないのだ。ある時、この親子三人がファミレスに入った。席につくや否や、この次男坊が一点を指差し、「やだ~!」と喚き出したという。娘が、次男坊の差した指の先に視線を辿らせていくと・・・そこにはオッサンの後頭部があった。そして、オッサンの後頭部はほぼ丸く、つまり円状に禿げていたのである。つまり、次男坊はオッサンの後頭部のハゲを穴と認識し、恐怖に慄(おのの)いたのである。何とも不埒な話であるが、ここまでくると次男坊の穴嫌いはもはや性癖といっていいかも知れない。

こういう次男坊が、ソファーの穴を見逃すはずがない。タバコが作ったソファーの穴は、オッサンのハゲに比べれば遥かに小さい。しかし、こと穴状の形態に対しては性癖のレベルに達する鋭い感知能力をもつ次男坊にかかると、如何なる穴も見逃されることはない。ソファーの小さい穴を発見した次男坊は、二度とそのソファーによじ登って座るということをしなくなったのである。娘から、彼がソファーに座ることを拒否し、いつもフローリングの床に座り込んで動かないことを聞かされた私は、やむなくソファー一式を買い換えた。タバコの作った小さな穴は、えらく高価な穴になってしまったのである。

その新しいソファーは今、樹林亭のリビングに収まっているが、娘に連れられてくる日、彼はこのソファーで寛ぎ、「トイストーリー」のDVDを飽きもせず観ているらしい。

ところが、過日、またヒヤリとすることが起きた。睡魔というヤツは、私の場合、何の前触れもなく突如襲ってくる。襲うというより腕のいいスナイパーみたいなもので、一瞬にして私を仕留める。殺られる私には、全く知覚というものがない。つまり、どのタイミングで殺られるか、私には判らないのだ。気づいた時は、「おっと~! 今、何時だ!?」と先ずは時計を確認し、知覚せぬ間に過ぎ去った時間を体内の時間軸に付け加えるなどして己の生きている中心軸となる時間軸を現世の時刻に合わせることから始めるのが常である。その日はその作業の前に、嫌なものが目に入った。普段着のパンツの左太もも上部に、明らかにタバコの火で焼かれたと解る穴が開いている。吸殻は既に鎮火していて、床に転がっている。どうやら、タバコを吸いながら仰向けになっているところをスナイパーに一瞬にして殺られたらしい。パンツの穴は、4センチ前後もあるだろうか。前のソファーの穴より、遥かに大きい。それにしても、この大きさの穴になるまでパンツは焼かれたわけであるのに、私にはその知覚がない。気づいたら、突如穴が開いていただけであって、それは見事なプロ・スナイパーの仕事であった。大切なことは、ソファーに仰向けになっている私の左足太ももの一点だけを焼き、その下の皮膚も、肝心のソファーも全く異常がなかったということだ。これを成し遂げた睡魔をプロ・スナイパーといわずして何というか。一つだけ教訓として今後に生かすとすれば、ソファーで横になる時は、仰向けに限るということであろう。仰向けであったからこそ、知覚せぬ間に睡魔というスナイパーに襲われたとしても、タバコは私の衣服の仰向けになったどこか一点だけを焼き、ソファーは無事だったわけである。今回も、もしソファーに穴を開けていたら、またソファーを買い換えねばならない。

いや、待てよ、と思い至った。ソファーで済めば、まだいい方かも知れない。もし、もし、である。私の後頭部が、例のオッサンのように円状に禿げていたらどういうことになっていたか。コヤツとは、今付き合ってはいられないということになる。今後、更に歳を重ねる余地が生まれたとしても、間違っても後頭部を円状に禿げさせてはならない。当方がハゲの形状まで気を使わなくてはならぬとは、全く厄介な次男坊鴉である。

|
|

« 哀愁の公園にも霧は降る | トップページ | カテリーナがいて、ティンクェッティがいて・・・。 »

青雲の章ー忘れ得ぬあの日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169035/54583009

この記事へのトラックバック一覧です: 穴が怖い!:

« 哀愁の公園にも霧は降る | トップページ | カテリーナがいて、ティンクェッティがいて・・・。 »