« 深手を負って | トップページ | 夏が逝く »

2012年8月19日 (日)

浴衣の君は

♪浴衣の君は

ススキのかんざし♪

と唄ったのは、拓郎だった。

この場合の浴衣は、明らかに「旅の宿」で、宿が用意してくれた浴衣である。

この歌が流行ったのは昭和47年で、所謂高度成長期、私が社会人3年目で生意気盛りに差しかかった頃である。因みに、拓郎は私と同齢で、2ヶ月ほど彼の方が“高齢”である。この時代は、若い女性と浴衣などという極めて「日本的なるもの」の距離がもっとも遠かった時代で、「旅の宿」という「非日常空間」でも設定しない限り、この詩は成立しなかったのである。即ち、浴衣の意味が、今復活している浴衣とは違うのだ。

因みに、作詞は「襟裳岬」の岡本おさみで、岡本と拓郎のコンビによる楽曲は30曲を超える。

こういうことを言うと、何でも大雑把に「昔はねぇ~」のひと言で括ってしまう私と同年代の年寄りは「そんなことはない!」と、いい加減な記憶を頼りに異議を唱えるものだが、時は「ピーコック・リボリューション」の真っただ中、日本的なるものの価値がもっとも下落した時代であった。日本的なるものとは、カッコ悪かったのである。浴衣で夏の宵を楽しむ女性など、まず存在しなかった。

バブルが弾け飛んで、90年代のどこかから風向きが変わった。京の町屋に憧れる若い女性が出現し、おやじが集う立ち飲みの飲み屋にも若い女性が現れ、「江戸仕草」なる言葉が女性誌に登場するようになった。そして、“小便臭い”ガングロ女までが、浴衣で電車に乗り込んできて大股広げて座るような場面にも出くわすようになった。

こういう現象はすべて、私が著書で言っている「パラダイムシフト」という社会的価値観の大変動と繋がっている。

井の頭池の周りにも、浴衣姿の女性を見ることが普通になった。いいものである。

浴衣は、何故色っぽいか。

足がはだけるから・・・違う。それは、まだ甘い。もっと直截的な色香を発している。襟・・・胸元である。厳密に言えば浴衣に限らないが、和装の胸元はす~っと容易に女性の胸へ手を滑り込ませることができるのだ。益して浴衣の場合は、1枚である。それができると思わせることが色っぽいのだ。当然、このことによって浴衣の女性と隣り合わせでベンチなどに腰かける時の男の位置は、左右どちらであるべきかが自ずと決まるのである。いつものことながら、相変わらず非生産的なことを考えている。

今は沖縄に住む、知り合いの若いデザイナーから便りがあった。彼は、以前井の頭池の近くに住んでいたことがある。その便りに言うには、池の傍の住まいは夏は蚊が大変だから、決して窓を開けっ放しにしてはいけないということだ。網戸になっていても、蚊というものはどこかから侵入してくるものである。自然の中に暮らすとはそういうことだからと、ある程度覚悟はしていたのだが、不思議なことにこの夏、まだ一匹の蚊にも出くわしていないのだ。練馬に住もうが世田谷に住もうが、ひと夏に何度か蚊には遭遇する。恐らく銀座界隈に住んでいても、同じであろう。それが、ここ井の頭池の傍に居ながら、まだ一匹もお目にかかっていないのだ。

池の南端から神田川が始まる。その両側に生い茂る木立の枝が、ベランダの至近まで押し寄せている。木立を遊び場とする野鳥が、朝ベランダの手すりに居ることはあるが、蚊はまだ現れないのだ。

そういえば、近江の里山に居た少年時代、どの家でも夏の夜は蚊帳を張って寝たものである。田舎は「藪蚊」が多く、蚊帳を吊らないと蚊の襲来が激しく、とても寝られたものではない。近江の里山の藪蚊は、殆どが「はまだら蚊」で、これは血を吸われて腕や足のあちこちが大きく腫れ上がるだけのことだが、時に「あかいえ蚊」が交じっているのが危険である。「あかいえ蚊」は日本脳炎を媒介する。田舎の家屋というのは隙間が多く、雨戸を閉めても、障子を閉めても何かが屋内に入ってくるのだ。蛇や黄金虫は言うに及ばず、時に狸さえ入ってくる環境で、藪蚊が襲来するのは極めて自然なことなのだ。そして、夜の蚊は、蚊帳でしか防げない。

蚊帳の中で寝苦しい時間を悶々と過ごしていると、蚊帳の外側の縁に蛍が留まる。蛍も屋内に入ってくるのだ。そして、夥しい数の蛍が、連なって青白い光を発する。こればかりは、里山の夏の夜の慰めとして捨てたものではない。

蚊帳は通常緑で、その縁は大概赤である。この赤がまた、妙に艶っぽい。蚊帳の中を蛍が照らし、中に浴衣の女性が一人、ほのかに私に微笑みかける。舞台装置は確かに揃っていたのに、何故こういうシーンが一度もなかったのであろう。

|
|

« 深手を負って | トップページ | 夏が逝く »

青雲の章ー忘れ得ぬあの日」カテゴリの記事

コメント

原田さん
ご無沙汰しております。
今日の沖縄は台風15号が接近していて
雨風が強まってきています。
今日は外出を控えて家の中でじっとしています。

井の頭の自宅には虫が入ってこないんですね。
ぼくが住んでいた頃は洗濯物にもびっしり付いていて
恐怖におののいたことがありました。
自然の中で暮らすことはメリットのほうがはるかに多いと思います。
それを楽しんでいることがブログを読んで伝わってきました。
原田さんまだまだ若いですよ。
これからもブログ楽しみに読ませてもらいます。
憤怒の河を渡る毒舌ブログも(笑)

投稿: shimajiri | 2012年8月26日 (日) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169035/55459742

この記事へのトラックバック一覧です: 浴衣の君は:

« 深手を負って | トップページ | 夏が逝く »