« 浴衣の君は | トップページ

2012年9月 2日 (日)

夏が逝く

井の頭池の周りのこの10日間ほどの変化は、実(まこと)に激しい。

井の頭池の林の蝉は、みんみん蝉が中心であぶら蝉が意外に少ない。真夏の蝉嵐は、公園に夏らしい静寂をもたらすが、それが轟音のように激しくなればなるほど静寂が強まる。私は、この夏の昼下がりの蝉嵐がもたらす静寂が好きである。

今年は、この蝉嵐にツクツクボウシが加わるのが例年より早かったような気がする。毎日が楽しくて仕方がなかった幼い日の夏休み、ツクツクボウシが鳴き出すと夏休みも終わりに近づき、灼熱の夏を惜しむように一層泥まみれになって池や川を跳び回ったものであった。

公園のある日、あれほど猛烈であった蝉嵐が突然小さくなった。いきなり半減したような印象を受けるほど、それは顕著に感じられた。そして、ツクツクボウシが主役に聞こえるほど多くなっていた。

翌日の夜、それまで自宅近くの木立で夜遅くまで逝く夏を惜しむように盛り上げっていた蝉嵐が、突然遠くなった。距離が感じられるようになったのだ。

更にその翌日の夜、自宅近くの木立からほとんど蝉の泣き声が消え、距離は更に遠くなり、夜中の零時過ぎ、一匹のツクツクボウシが狂ったように傍の木立で鳴き続けていた。蝉たちは、皆、土に還っていく・・・夏が終わるのだと告げられていると思った。

そして、更にその翌日の帰路、改札を出て公園に足を踏み入れた瞬間、秋虫の合唱に包まれた。主役は、コオロギだと思われる。

これらはすべてこの10日ほどの間に、井の頭池南端、神田川の源流辺りの我が寓居に迫る木立の中で起きた、日ごとの出来事である。これらが季節の変わり目を表現するものだとすれば、季節とは決して穏やかに変わるものではない。日ごと、急激に変化するものだと思い知らされる。

今、逝き遅れた蝉たちが必死にその存在をアピールしているが、夜ともなると既に大勢は決している。

夏が逝く時は、一瞬である。

私小説『夏が逝く瞬間』(河出書房新社)で、私は少年時代のその感覚を次のように描いた。

私にとって、夏の終わりというのはたった一日、いや一瞬の時である。

それは、大概晴れた午後のことだが、刷毛(はけ)で描いたような雲の色が突然薄くなり、風の匂いが何も混じり気のないものに変わる。それは、まさにほんの一瞬のことなのだ。そういう、あ、今夏が終わるという瞬間が、八月も終わりに近づくと必ずある。

その時期、私はいつも細心の注意を払って街道を歩き、校庭で空を仰ぎ、たまたま教室に居れば窓の外に神経を注いでいる。

そして、この夏の終わりを確かに身体で受け止めた時、一抹の寂しさを感じると共に、どこか清々しい安堵感を得るのだった。

あれから半世紀以上経って、今、同じ感覚でその一瞬を捉えることができるだろうか。できる、と信じているが、それによれば、秋虫の音色が日ごと勢いを増しているというのに、井の頭にまだその一瞬は訪れていない。

しかし、夏は今まさに逝こうとしている。

|
|

« 浴衣の君は | トップページ

青雲の章ー忘れ得ぬあの日」カテゴリの記事

コメント

Rest in peace.

投稿: | 2014年7月22日 (火) 18時24分

はじめまして
『夏が逝く瞬間』を購入しようとさまよううちにこちらにたどり着きました.しかし、絶版で中古すらどこにも置いていないようで、図書館で借りようかと考えていました.ご紹介の一節を拝見して、久々に購入してでも読んでみたい一冊に出会った気がします.若いころ、どうしても読みたい本は古本屋をはしごして探していたのが懐かしく思い返されます.

投稿: 百代 | 2016年1月10日 (日) 15時17分

 「明治維新という過ち」、プロレスの炎上商法のような商売で、しかも毎日新聞のケツ持ちでお儲けのようで痛み入ります。
 著書読みました(図書館で。買う意味がなかったので)が、まあ、史書はともかくとして、人間としての気合非常に足りない、まあ、シナの水滸伝レベルにも遠く及ばない作風に痛み入りました。こういった考え方をする方が安政の大獄を導いたのだということがよくわかったという意味では、いい本であったとは思いますが。
 なんか著書をどんどこ書いているようではありますが、あなたの畢生の著書を書いたという割には、このブログでのやりとりが少なすぎることに、不信を抱きます。そういう挑戦的なタイトルの本を書くのであれば、もっと開かれた場所での論戦をすべきなのに、原田氏はそういったことを全くしていない。
 どういう魂胆でこんなテロ的な本ばかり出しているのかは知りませんが、私が読む限り、ただの広告屋、しかも幕末の政治戦に負けた側が書いた「成功した薩長が妬ましい」という、負け犬の遠吠えの本にしか見えません。

 何か的確でかつ、私が納得する反論があればぜひ記載お願いします。
 私より学歴もあるようですし、長生きしていますから、無視することはないと信じていますので、よろしくお願いしますよ。
 

投稿: 周防平民珍山 | 2016年6月25日 (土) 22時33分

世の中が悪い方に向かってしまうことの主要な原因は大昔の人々の行いにあるのではなく我々現代人の行いにあります。

散々我欲を満たして来た人が少しも憚るところもなく偉そうに商人の城にてふんぞり返り、日々努力する若人に対して持論を説いて悦に浸る。このような態度こそ、改められるべきものであると私は思います。

あなたは左派や反権力活動家の類ですらない商魂たくましい商売人。それも実業ではなく虚業の人。虚業の巣窟に身を置きながら西郷隆盛や吉田松陰の生涯に対する誹謗中傷の説を述べることは決してできません。

あなたに言わせれば戊辰戦争の後に旧荘内藩出身者と旧薩摩藩出身者との間に結ばれた絆さえも新政府によるプロパガンダの産物ということになるのでしょうか。

武家の出身であることを誇りに思うのであれば、人の怨念を煽って自身の利益を獲得しようとする行いはやめるよう、どうかご自覚ください。

投稿: | 2016年10月24日 (月) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169035/55566353

この記事へのトラックバック一覧です: 夏が逝く:

« 浴衣の君は | トップページ