炎の章ー憤怒の河を渡れ

2012年7月30日 (月)

深手を負って

毎度のことながら、書きものの締切前というのは実(まこと)に非人間的である。すべて己の不甲斐無さが原因と承知しているが、今回も2日ほど徹夜する羽目に陥った。徹夜そのものは何とかなるとしても、後がいけない。回復に時間がかかるのだ。さあ、終わったといって翌日ぐっすり寝れば回復するかといえば、全くダメである。少なくとも23日経たないと、「原状回復」とはいかなくなっているのだ。勿論、それが「加齢」によるものだと自覚している。

しかし、もしこのことを例の女子(おなご)の前で言おうものなら、忽ち

「老いです!」

と、大きな声で断言するだろう。「加齢」などというおとなしい言い方はしない。「老い」だと、露骨に強調することは間違いない。繊細な私の神経は、その都度修復が不可能と思われるほど傷ついているのだ。

しかし、「老い」だと言われれば、確かにそうである。近年は、意味の取り違えようもない、このような正直な、正確な表現を、時に「差別語」だとし、時に「不適切な表現」だといって排除する動きが露骨になっている。この動きの“主犯”は、かつては自分たちのみがこの国の良識だと勝手に思い込んでいた某全国紙であった。ところが、今やすべてのメディアがそれに慣れてしまい、勝手に己に対する規制を強め、それを常識化する動きが定着してしまっている。視聴者や読者までもが一緒になって、言葉を自由に使うということを規制するのが普通になってしまった。「言葉狩り」が定着してしまったのだ。

このたびの『明治維新という過ち』出版に際しても、「キチガイ」という単語は使ってはいけないということで、「規制」が入った。文脈は無関係なのだ。とにかく、その単語が出現してはいけないのだ。では、「キチガイ」という日本語は不要なのか。そうなのだ、不要なのだ。不要どころか、存在することが「悪」とされているのである。

処女作『夏が逝く瞬間』の時も、「百姓」や「町医者」を差別用語だとして削除を要求された。あまりにバカバカしいので、これは拒否した。今、この国に言論や表現の自由があると思ったら、大間違いである。言論の内容を理解せず、表面(おもてづら)の表現だけで「言論物」が封殺されることがあるのだ。それを行っているのは、一見、新聞社や出版社のように見えるが、実はそれを強力に推し進めている「タチの悪い原理主義者」とは、一般市民なのである。

東北の木材で送り火を焚こうとして、数本の抗議メールが入れば、自治体は即それを中止する。瓦礫の受け入れに10人でも反対すれば、たちまち再検討となる。こういう連中と言葉を狩っている連中とは、実は物事を認識する力のレベルに於いて共通点があり、「平等」だ、「平和」だ、と言っていればそれが実現に向かうとする原理主義者であるという点で繋がっている。江戸期、あれほど詩叢豊かであった日本列島は、今や人間のもっとも人間らしい能力である言語能力という面で実に貧困極まる空間になってしまっているのである。

私が学生時代に「右翼反動軍国主義者」のレッテルを貼られたのは、私が、当時はタブーであった「大東亜戦争」という単語を口にしたからである。ただそれだけが理由であった。「大東亜戦争」とは、開戦とともに「今般の事変を大東亜戦争と呼称する」という詔勅が出て、定義の明確になっている、また、当時の国民が普通に使用していた名称である。ところが、日本共産党の下部組織「民青」や全共闘は、この単語を口にするだけで戦争を賛美する「軍国主義者」であると断じ、硫酸瓶の標的にしたのである。彼らもまた、根底のところでロシア、中共を崇拝する原理主義者であったことは、改めて言うまでもない。

徹夜で負った深手は、いずれ治癒する。だが、今度の『明治維新という過ち』に関しては、良識派を自認する「進歩的な市民」やメディアから“袋叩き”に遭う可能性が高い。その時負う深手は、果たして回復する可能性のある程度で済むのかどうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月24日 (木)

今日の運勢

先週末のことであった。所用があって、出社する前に二、三立ち寄るべき所があった。

まず吉祥寺の街へ出ようとしたのだが、緑の増してきた公園の中へ足を踏み入れた途端に空模様が怪しくなってきた。折角気分良く公園の中へ降りたのに、傘を取りに引き返すのも忌々しい。アマタツの予報がどうあれ、基本的に今現在降っていない限り、傘を持って家を出るということはしないことにしている。

かつて、海軍兵学校の生徒(といっても、今の「学生」より大人である)は、多少の雨には傘など差すな、という躾けを受けた。一目でそれと判る凛々しい兵学校の制服を着用していて、傘を差すなど見苦しいというのである。彼らは、兵学校を出て士官となる身である。帝大へ入学するよりも難しい兵学校へ入り、先々兵を率いる指揮官となるべき者は、常にカッコ良くあらねばならない。合理性に重い価値を置きながら、リーダーたる者、ユーモアのセンスとカッコ良さを見に付けなければならないことを徹底した兵学校の教育とは、雑魚も秀才もごちゃ混ぜにして「平等」だと自己満足に耽り、ありもせぬ夢物語を語ることによって波風の立たないことだけに腐心し、徹底して現実性を欠いている現代の如何なる教育機関の教育、躾けより、私は真っ当であると思っている。広島へ原爆を投下するという「人道に反する大罪」を犯したアメリカ合衆国の軍が、目と鼻の先の江田島に在る海軍兵学校を「人類にとっての普遍的なソリューションを提供する機関であり、施設である精神的遺産である」として爆撃対象から外したことでも解る通り、兵学校の教育や教育機関としての在り方は国際的にも一目置かれていたのである。ここで教育を受け、躾けられた者たちが創り上げた帝國海軍を称して司馬遼太郎氏は「明治以降の日本人が創り上げた最大の文化遺産」であるとした。注目すべきことは、氏が戦の専門機関である帝國海軍を称して「文化遺産」であるとしたことだ。ただ、それは人材の面に着目すればせいぜい第60期生までのことであって、特に60期代末期から70期代にかけては陸軍に抗するどころか、同調してしまって国を滅ぼす一翼を担ってしまったのである。

そんなことを考えながら公園を抜けて駅まで来ると、急激に空が暗くなってきた。兵学校のことはともかく、井上陽水流にいえば、問題は傘、である。空を見上げて、こりゃ、ダメだとあっさり“海軍流儀”を放棄し、550円のビニール傘を買い求めた。こうやって、如何にも「平成文化」らしい安っぽいビニール傘が、自宅にも会社にもどんどん貯まっていく。果たせるかな、駅を通り過ぎると直ぐ、文字通りバケツをひっくり返したような水の塊りが地表を殴りつけるように落下してきた。傘など、何の役にも立たぬ。特に、腰から下は歩きながら水洗いしているようなものである。最初の目的地まで徒歩で3分。きっちりこの3分間のみ、私は水塊に思い切り叩かれ、目的地のビルに入るや否やそれはピタッと止み、薄陽さえ差し始めたのである。ビルの2階へ上がると、男と女が悲惨な姿の私を一瞥し、

「外、降ってたんだ・・・」

と間抜けた会話を交わすほど、それは一瞬の出来事であったのだ。

 何という間の悪さ。13日の金曜日と仏滅が重なり、朝のテレビの星座占いの最下位が重なったとしてもこれほど間の悪いことは起きないであろう。

 その日、会社ではスタッフが私を激怒させた。その忌々しさももち帰って噛みしめながら例によって遅い夕食をとっていたら、またソファーの上で寝入ってしまった。私は、ものを食べながらでも寝入ってしまうことがしょっちゅうあって、それは食べ物を咀嚼しているまま眠ってしまうことであり、12時間経って我に返ると、口の中には咀嚼途中の食べ物が半ば固くなって残っているのだ。その夜もまた咀嚼を再開しようとすると、ソファーの下にガラス片と液体が散らばっている。どうやら、仮眠中にテーブルの上のグラスを手が払ったらしい。炊事をしない私がグラスや茶碗を割るということは、まずない。冷静に振り返ってみても、一年に1個もない。オリンピックと同じとまではいかないが、せいぜい二年に1個ぐらいのものである。

 誠意を以て日々を生きている人間に対しても、こういう間の悪い日というものは一定の周期で訪れるものであり、それはテレビなどが仕切っている「今日の運勢」の埒外にあるらしい。だって、その日の蟹座の運勢は、二番目に良かったのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|