« 風に吹かれて三度笠(其の七 黒船来航と島抜け) | トップページ | 風に吹かれて三度笠(其の九 無宿渡世の御一新) »

2012年3月26日 (月)

風に吹かれて三度笠(其の八 韮山代官;江川英龍と博徒たち)

伊豆・韮山代官所は、江戸期東国の天領を統治するために置かれた役所で、その管轄は伊豆だけにとどまらず、駿河・相模・武蔵・甲斐に及んだ。伊豆諸島がその管轄に組み込まれた時期もある。江戸幕藩体制を支える上で、全国でもっとも重要な代官所であったといっていい。通常、代官は勘定奉行所から派遣されるが、韮山代官だけは江川家が世襲してこれを務めた。

伊豆国・江川家。平安期以来伊豆国江川荘を地盤としてきた清和源氏の名門豪族であった。当主は、代々江川太郎左衛門を名乗り、ここで採り上げている幕末四天王と謳われた江川太郎左衛門英龍36代目に当たる。

早くから海防問題に目覚めた英龍は、自らが学んだ高島流西洋砲術を更に進化させ、反射炉を創り、大砲、鉄砲の製造を行うまでになった。世襲代官とは思えぬ開明派であり、外航船が頻繁に近海に出没するようになって以来、この男は下級官吏でありながら次第にその存在感を増していったのである。保守派の目付;鳥居耀蔵が英龍や渡辺崋山高野長英らを抹殺するためにでっち上げた「蛮社の獄」で失脚しそうになったが、英龍の能力を高く評価する老中;水野忠邦に救われ、西洋砲術の普及に力を入れ、彼の死後も引き継がれた韮山代官所の指導は、後に「江川砲兵塾」と通称され、ここで学んだ者は、木戸孝允(桂小五郎)大鳥圭介佐久間象山大山巌など倒幕派、佐幕派の別なく、戊辰戦争を戦った砲術指揮官はほとんどこの塾の出身者である。前シリーズで触れた二本松少年隊を率いた木村銃太郎もその一人である。江川英龍は多才な男で、砲術以外にも蘭学に通じ、市川米庵から書を、谷文晃から絵画を、岡田十松(神道無念流)から剣を学んでいる。剣は、神道無念流免許皆伝であり、後に韮山代官所の手代となった同門の斎藤弥九郎は、江戸三剣客といわれた、あの斎藤である。また、日本で初めてパンを焼いたと言われている。更に、初めて農兵を組織して西洋式軍隊を創設したのも英龍とされており、今日も使われている「回れ!右!」とか「気を付け!」という号令は英龍が考案したものらしい。福澤諭吉とは近しく、江川家江戸屋敷跡地は明治になって福澤の慶応義塾に払い下げられたという経緯がある。新撰組;土方が西洋式の軍の動かし方に長けていたのは、英龍の影響であるとする研究者もいる。新撰組を生んだ多摩地方は、韮山代官所の管轄である。更に付け加えれば、あまり知られていないが、あの中浜万次郎(ジョン万次郎)の幕臣への登用を建議し、自らの手付けとしている。

安五郎の「島抜け」から4日目の612日、英龍はかねて建議していた反射炉建設を命じられ、その1週間後の19日には「勘定吟味役格」に抜擢された。英龍の身辺は、多忙を極めたはずである。「島抜け」に関わっていられなかった、特殊なタイミングといえばその通りであったのだ。更に8月になると、勘定奉行;松平河内守、同じく川路聖謨、目付;堀綾部、勘定奉行吟味役;竹内清太郎と共に「内海御台場御普請幷(ならびに)大筒鋳立御用」を命じられた。急遽、江戸湾周りに11ヶ所の砲台(台場)を建設することになったのだ。打ち手としての是非はともかく、幕府のこの対応は実にスピーディであったといえよう。江川英龍たちが下命されると同時に、工事の入札まで手際よく行われている。土建屋と政治の癒着はつきものとはいえ、震災から一年も経ってまだ瓦礫の処理さえできない民主党政権と政府への依存しか知らぬ各自治体の無能とは雲泥の差である。総工費75万両。このうちの1割が埋め立てのみに使われるという予算組みであった。幕府の財政を揺るがす規模の出費だが、来春ペリーが再びやってくるまでに突貫工事で完成させなければならない。

石や土砂の建築資材の調達をどうするのか。忽(たちま)ち、難題が立ち塞がる。更に、5,000人と見込まれた土工、石工、人足をどうやって集めるのか。5,000人の人足の動員となると、エリート;川路聖謨にも、彼がエリートであるが故に難しい。事は、国家危急の一大事である。となれば、実務官僚;江川英龍がやるしかないのだ。

ここで、甲州境村の天野海蔵が登場する。江川は、かねてより近しい天野海蔵に頼った。しかし、この事業は天野海蔵にとっても期限を考えるとかなりの難題であり、金蔵は間宮の久八を引っ張り込んだのである。5,000人の人足の差配まで考えると、金蔵・久八は、竹居の安五郎をも引っ張り込みたいところであったろうが、「島抜け」直後の人間を天下を揺るがすほどの大土木工事に使うわけにはいかなかったに違いない。この時点で、久八自身が「中追放」されていた身である。つまり、武蔵・山城・摂津・和泉・甲斐・駿河などに立ち入ることができない。いってみれば、刑に服している身であったのだ。後述する機会があれば触れるが、この処分も実は不自然で、奇妙なのだ。

未曾有の原発事故の後処理に、山谷や釜ケ崎から送り込まれた作業員が奮闘している。この嘉永6年にも、江戸築城工事以来という国家的一大土木事業が行われようとする時、ヤクザであろうと何であろうと、とにかく誰の手を借りてでもこれをやり遂げなければならなかったのだ。なお、この1年後、安政大地震が発生し、伊豆は大津波に襲われ、下田全域が壊滅した。津波を伴う国難、西では維新の実態も知らず「維新」を叫ぶ勢力が台頭している昨今・・・時代が酷似している。

韮山代官所の手代たちには、結構猛者(もさ)が多い。珍しい代官所である。彼らのうちの誰かが、間宮の久八と通じていた可能性は高い。そして、いざという時のためのその関係は、台場建設という国家プロジェクト遂行に当たって有効に機能した。安五郎の「島抜け」を知っても、安五郎が間宮の久八を頼ることが解っていても、天野海蔵を必要とする韮山代官所はこれを放置した、というのが真相ではないかといわれている。

« 風に吹かれて三度笠(其の七 黒船来航と島抜け) | トップページ | 風に吹かれて三度笠(其の九 無宿渡世の御一新) »

はぐれ雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風に吹かれて三度笠(其の八 韮山代官;江川英龍と博徒たち):

« 風に吹かれて三度笠(其の七 黒船来航と島抜け) | トップページ | 風に吹かれて三度笠(其の九 無宿渡世の御一新) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ